第二回 丘の上古本市@笠間工芸の丘

昨年10月の初回から約半年、初の10連休なゴールデンウィークの最中、5月1日(水)-2日(木)の二日間に渡って丘の上古本市を開催させていただきました。

まだわずか2回目ではありますが、県外から2回続けて出店いただいた方も多く、もちろん県内も! なんだかそんなことが嬉しくて仕方ありません。

出店いただいたみなさま、来場いただいたみなさまありがとうございました!

今回は陶器/陶芸の大きなイベント、笠間陶炎祭(ひまつり)とクラフトギャザリングの軒先を借り、そして文字通り工芸の丘のあれこれの体験施設の軒先をかりての開催です。前年発表ではひまつりは7日間通して数十万人の人出ということで、それは今年もかわらず人も車もわらわらでした。

イベント開始は9時からにも関わらず、8時には駐車場への列があったり。8時にはもう駐車場への列があったりとか。陶器が好きな方は同日に栃木県益子で開催されている陶器市とはしごをするようで、たぶんどちらも同じような状況なのでしょう。開店前後の時間にも関わらず、大渋滞になる前に急ぎ足で駐車場に向かう方たちもいらっしゃいました。

古本市の方はというと、天気予報は数日前になってもころころと言うことを変え、当日まで弄ばれていましたが、1日目は閉店時刻30前まで持ちこたえ、2日目は日焼けが心配になるくらいのお天気に恵まれました。文庫をアイマスクに寝転がるには絶好の天気でした!

良い日和のゴールデンウィーク

さてさてみなさまのおかげで、ほとんどの来場者の方々は楽しい時間をすごしていただけていたように見うけられました。中には、ひまつりの流れで寄っていただいたんだろうなと思ってお話を伺うと、栃木県さくら市の美術館にあったチラシを見て古本市を目指して来た、なんて方もいてなんともありがた! その後もゆっくりと見て回っていただいていたようです。

第二回丘の上古本市

店主さんそれぞれの好みが垣間見れる棚やラインナップ。それだけでも楽しい。だって書店やアマゾンだとなおさら、こんな面白そうなの見逃してたのか、なんてものが並んでたりするんですから。さらに自作のものもあったりして、文学フリマとまでいかずとも、こういう人たちもふえて来ていただけると嬉しいです。

ちなみに次回・第三回の丘の上古本市は2019年10月19日(土)-20日(日) 笠間工芸の丘とあいなりました。こちらも近々募集を開始させていただきますので、ぜひぜひ今後ともよろしくお願いいたします。