’19年10月 第3回丘の上古本市 店主さま募集のお知らせ

【 9月3日更新 】
限定屋台が3枠となりました。

【 8月4日更新 】
チラシの画像をアップしました。

【 7月14日更新 】
木工やまぼうしさんの協力により新しい出店枠として、屋台タイプが加わりました。

2019年10月19日(土)・20日(日)の二日間、茨城県笠間市・笠間工芸の丘で「第3回 丘の上古本市」を開催することとなりました。ついては出店いただける店主さまを募集いたします。

〈出店のお申込みの流れ〉

  1. 募集要項をご記入の上、メールかFax、またはメールフォームで仮申し込み。
  2. 郵便局へのお振込み
    *大変恐縮ですが、振込手数料はご負担いただけますようお願い申し上げます。
  3. 入金確認メールをお送りいたします。ここでエントリー完了となります。
《お申し込みメールフォームはこちら》

 

〈募集概要〉

場所:笠間工芸の丘 中央広場(茨城県笠間市笠間2388-1)

日時:2019年10月19日(土)〜20日(日) / 10:00〜16:00

出店料:(サイズ表記- 間口 × 奥行)

1 × 2メートル     1日のみ 1,000円、2日間 1,500円

2 × 2メートル     1日のみ 1,500円、2日間 2,000円

3 × 3メートル     1日のみ 2,500円、2日間 3,500円

屋台 3 × 1メートル     1日のみ 1,500円、2日間 2,000円

*屋台参考:中央から左右にお二人または2区画となります。写真とは多少異なる場合がございます。木工やまぼうしさん屋台

*出店料は事前お振込とさせていただきます。
*複数枠をご使用の場合は応募の際にお知らせください。

応募方法:募集要項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込み。

応募先 / お問い合わせ:メール – info@bookkasama.com
Fax  – 0296-70-1311(担当:フカサワ)

 

〈募集要項〉

こちらの内容を記載の上、メールかFax、またはメールフォームにてお申込みください。

お名前(ふりがな):

郵便番号:

ご住所:(*)都道府県のみ掲載

電話番号:(当日ご連絡がつく携帯電話番号)

メールアドレス:(PCメールを受け取れるもの)

希望日:

屋号・ペンネーム(*)

ジャンル(*):文芸・美術・工芸・コミック・専門書・音楽・児童書他
(その他:                   )

紹介文(*)(100文字以内でお書きください)

HP / SNS(*)

その他:*印、都道府県はHP等に掲載いたします。不可の場合はご連絡下さい。

〈振込先〉

口座名:ブックカサマ

【ゆうちょ銀行からお振り込みの場合】
記号:10620
番号:43702281

【ゆうちょ銀行以外からお振り込みの場合】
店名:〇六八(ゼロ ロク ハチ)
店番:068
口座番号:普通預金 4370228
*大変恐縮ですが、お振込み手数料はご負担いただけきますようお願い致します。

〈注意事項〉

  • 雨天決行。参加は各自ご判断下さい。
  • 荒天時は開催見合せの場合がございます。判断が難しい場合は事務局にお問い合わせ下さい。
  • ご入金後の出店料の返却は出来兼ねますのでご了承ください。
  • 早く店仕舞いしなくてはいけない、又は開店が遅れそうな方は事前にご連絡ください。
  • 出店場所は主催側で決めさせていただきます。
    *ご希望があればその他の項目へご記入下さい。ただし、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。
  • 値付け・会計・釣銭などは各自責任をもってお願いします。販売マージンはございません。
  • 本やレコード等の他、雑貨類の販売も可能ですが、あくまで本をメインとした構成にして下さい。
  • 飲食物の販売はできません。
  • テント、什器、雨除け等は各自ご用意下さい。
  • お持ち込みいただいた商品等の破損、損壊については補償できません。
  • 強風を想定した風対策を必ずして下さい。
  • 床を汚す恐れがある場合は養生をし、汚れた場合は原状復帰をお願い致します。
  • 駐車場、会場内での事故やトラブル等については、主催者は責任を負いかねます。

 


 

わからないところ、疑問点などがありましたら info@bookkasama.com 、またはコメントやお問い合わせなどからご連絡ください。

2019年10月チラシ12019年10月チラシ2

第二回 丘の上古本市@笠間工芸の丘

昨年10月の初回から約半年、初の10連休なゴールデンウィークの最中、5月1日(水)-2日(木)の二日間に渡って丘の上古本市を開催させていただきました。

まだわずか2回目ではありますが、県外から2回続けて出店いただいた方も多く、もちろん県内も! なんだかそんなことが嬉しくて仕方ありません。

出店いただいたみなさま、来場いただいたみなさまありがとうございました!

今回は陶器/陶芸の大きなイベント、笠間陶炎祭(ひまつり)とクラフトギャザリングの軒先を借り、そして文字通り工芸の丘のあれこれの体験施設の軒先をかりての開催です。前年発表ではひまつりは7日間通して数十万人の人出ということで、それは今年もかわらず人も車もわらわらでした。

イベント開始は9時からにも関わらず、8時には駐車場への列があったり。8時にはもう駐車場への列があったりとか。陶器が好きな方は同日に栃木県益子で開催されている陶器市とはしごをするようで、たぶんどちらも同じような状況なのでしょう。開店前後の時間にも関わらず、大渋滞になる前に急ぎ足で駐車場に向かう方たちもいらっしゃいました。

古本市の方はというと、天気予報は数日前になってもころころと言うことを変え、当日まで弄ばれていましたが、1日目は閉店時刻30前まで持ちこたえ、2日目は日焼けが心配になるくらいのお天気に恵まれました。文庫をアイマスクに寝転がるには絶好の天気でした!

良い日和のゴールデンウィーク

さてさてみなさまのおかげで、ほとんどの来場者の方々は楽しい時間をすごしていただけていたように見うけられました。中には、ひまつりの流れで寄っていただいたんだろうなと思ってお話を伺うと、栃木県さくら市の美術館にあったチラシを見て古本市を目指して来た、なんて方もいてなんともありがた! その後もゆっくりと見て回っていただいていたようです。

第二回丘の上古本市

店主さんそれぞれの好みが垣間見れる棚やラインナップ。それだけでも楽しい。だって書店やアマゾンだとなおさら、こんな面白そうなの見逃してたのか、なんてものが並んでたりするんですから。さらに自作のものもあったりして、文学フリマとまでいかずとも、こういう人たちもふえて来ていただけると嬉しいです。

ちなみに次回・第三回の丘の上古本市は2019年10月19日(土)-20日(日) 笠間工芸の丘とあいなりました。こちらも近々募集を開始させていただきますので、ぜひぜひ今後ともよろしくお願いいたします。